banner

動画で覚える鰹(カツオ)のさばき方

釣った後、美味しく鰹(カツオ)を保存する方法

 カツオは釣ったらできるだけ早く背骨を折り、血抜きをして、さらに内臓も処理しておきたい。サバもそうなのですが、内臓にアニサキスという寄生虫がいるからです。アニサキスは本来内臓に寄生しているが、宿主が死ぬと身の方へと移動します。これに気が付かずに刺身などで食べたら・・・病院送り決定です。絞めたら潮氷につけておくと良いです。

スポンサードリンク


その他の鰹(カツオ)に関する基礎知識

カツオ      
生態や生息域 カツオも1メートルを超える大型のものもあるが、ほとんどは50センチ程度です。ヒラソウダ、マルソウダ、ハガツオなどいくつかの種類があります。日本近海では黒潮に沿って春に北上・秋に南下という季節的な回遊を行う。食性は肉食性で、魚、甲殻類、頭足類などを食べて生活している。
釣り方 カゴ釣りなどでも人気があるが、ショアジギングと呼ばれる釣り方も人気です。
釣りのシーズン 夏7~9月頃が一番のベストシーズンです。
釣りエサ アミエビやオキアミを使った釣りが一番手軽です。
身の色 赤みの魚です。
主な料理 刺身、塩焼き、フライ、天ぷら、酢の物、煮付け、稚魚はしらす干しなど。
夏と秋が旬です。
その他特徴 黒潮にのって回遊している魚なので、日本海側ではあまり個体数がいない。
Copyright(c) 動画で覚える釣魚のさばき方 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme