banner

動画で覚えるイワナのさばき方

釣った後、美味しくイワナを保存する方法

 イワナを保存するには氷の入れたクーラーで保存するのが良いのですが、イワナ釣りは深い山奥を歩きながら釣るのでクーラーを持ち運ぶこと自体が非効率的です。そんな状況で渓流の魚を保存する方法が『塩ヌカ』を利用する方法があるそうです。保存方法は以下のとおりです。
1.釣った魚をさばき、エラと内臓を取り出し、しっかりと水分をふき取る。2.塩ヌカを魚にたっぷり塗り込んでジップロックなどのビニール袋に保存する。塩ヌカの作り方は粗塩1:いり糠10の割合で混ぜたものです。
食べる前にヌカをしっかり落とさないとヌカが焦げて味が変わってしまうので注意して下さい。

スポンサードリンク


その他のイワナに関する基礎知識

イワナ      
生態や生息域 一般に20~40センチのサイズが最も多いが60センチを超えるものもあるそうです。日本のイワナは様々な亜種が存在し、住む川によって形態が異なっています。食性は肉食性で、水棲昆虫や小魚、虫などを食べて生活しています。
釣り方 エサを用いたミャク釣りやテンカラ、フライフィッシングで釣る方法があります。また、大型のものはルアーにも食いついてきます。
釣りのシーズン 禁漁期間などもあるため、釣りのシーズンは夏がメインとなります。
釣りエサ ミミズ、バッタ、川虫など割となんでも食べてきます。
身の色 白身で割りと淡白な食味です。
主な料理 塩焼きやから揚げが主な料理法です。
5月~6月が旬です。
その他特徴 かなり寄生虫が多い魚であり、生食用には適さない魚です。
Copyright(c) 動画で覚える釣魚のさばき方 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme