banner

動画で覚えるイサキのさばき方

釣った後、美味しくイサキを保存する方法

 主にエサ釣りでイサキは釣るのですが、コマセ(撒餌)を使って釣るときには内臓を取って保存する方が良いです。そうしないとコマセのにおいが身の方にも移って、かなり臭いを感じるようになってしまいます。また、自船がコマセを使って釣りをしていなくても周りの釣り船が使っている場合もありますので、できれば内臓を取って絞めたいところです。

スポンサードリンク


その他のイサキに関する基礎知識

イサキ      
生態や生息域 全長45cmに達する魚で東北地方以南の日本沿岸部に、海藻が多い岩礁域に生息し、群れをつくって生活しています。日中は水深50mくらいの深みに潜むが、夜になると海面近くまで泳ぎ出す。食性は肉食性で、小魚・甲殻類・多毛類等の小動物を捕食する。
釣り方 船釣りで胴付き仕掛けでこませを撒いて釣るのが一般的です。また、磯からでも浮き釣りで釣ることもできます。
釣りのシーズン 6月頃から秋口までがイサキのベストシーズンです。
釣りエサ コマセを撒きながらオキアミで釣ります。
身の色 白身の魚でやや柔らかい身です。
主な料理 刺身・焼き魚・煮魚・唐揚げなどです
初夏が旬で麦わらイサキや梅雨イサキなどと言われます。
その他特徴 小さいうちは体に縦じま模様があるが、成長するにつれこの縦縞は薄くなります。しかし春夏には縦縞が出現するという変わった特長があります。
Copyright(c) 動画で覚える釣魚のさばき方 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme