banner

動画で覚えるヒラメのさばき方

釣った後、美味しくヒラメを保存する方法

 ヒラメは裏側(白い方)からナイフを入れて絞めておきましょう。また、マゴチやキスなどもそうなのですが、砂物と呼ばれる白身の魚は冷やしすぎると味が落ちます。ですので、氷の中や上に直接置くのではなく、氷の上に新聞紙などを敷いて、その上で冷やしましょう。

スポンサードリンク


その他のヒラメに関する基礎知識

ヒラメ      
生態や生息域 ヒラメは最大で1メートルにもなる魚で、北海道から本州、四国、沖縄まで、ほぼ全国的に分布しています。日本海側や太平洋岸など外洋には比較的多いが、大阪湾や瀬戸内には少ない。最近は養殖稚魚の放流が盛んで内湾にも生息していることも多くなってきた。
釣り方 活イワシや活アジをエサとした飲ませ釣りが最もポピュラーで、船釣りが多い。最近ではサーフ(砂浜)からルアーを投げて釣る釣り方も人気です。ミノーやジグを使用して釣ります。
釣りのシーズン 比較的年中釣れますが、夏から秋口までは数釣り、冬は大物釣りです。
釣りエサ イワシやアジなどの活きエサ。ヒラメが小さいうちはゴカイなどの虫エサや甲殻類も食べることもあるそうです。
身の色 白身の魚です
主な料理 刺身、寿司、酒蒸し、ムニエルなどで食べられています。
夏は極端に味が落ちるといわれており、最も美味しい旬は冬季です。
その他特徴 天然物と養殖物の判別は比較的簡単で、天然物は裏側が真っ白です。対して、養殖物はブチ模様の様な黒い斑点があり、パンダヒラメと呼ばれている。
Copyright(c) 動画で覚える釣魚のさばき方 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme