banner

動画で覚える穴子(アナゴ)のさばき方

釣った後、美味しく穴子(アナゴ)を保存する方法

アナゴ自体はそれほど鮮度が落ちやすい魚ではないと思うのですが、アナゴの体についているヌメリ成分は鮮度が落ちやすく、鮮度が落ちるとかなりの臭いを出すようになります。アナゴは活き絞めにし、氷に直接当たらないようにして保存すると良いです。

スポンサードリンク


その他の穴子(アナゴ)に関する基礎知識

アナゴ      
生態や生息域 アナゴはかなりの種類の個体が熱帯から温帯の海で確認されており、その個体によって、好みの環境も生息域もかなり異なる。一般に日本のアナゴといえばマアナゴのことを指し、実際釣れるのもマアナゴです。全長は30cm~1mのものがほとんどで昼間は底に潜り隠れている。夜になると穴から出てきて小魚や甲殻類を捕食する。
釣り方 アナゴはそこにいれば釣れると言われるほど食欲旺盛な魚で釣れないときはアナゴがそこにいないときだといわれています。通常は夜にケミホタルなどをつけて投げ釣りで狙います。また、足元でもあなごが釣れるようなポイントであれば、ミャク釣りもありです。
釣りのシーズン 真夏が一番良いシーズンです
釣りエサ 雑食性なので比較的何でも食べてきますが、ゴカイやイワシ、キビナゴを使います
身の色 アナゴは白身でタンパク・脂質の多い身です。
主な料理 天ぷら、かば焼き、寿司、八幡巻などで食べられています
釣りシーズンと同じく夏が旬です
その他特徴 マアナゴ以外のアナゴは全体に白っぽいです。マアナゴ以外のアナゴはぜんぜんおいしくないのでリリースした方が良いですよ。
Copyright(c) 動画で覚える釣魚のさばき方 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme