banner

動画で覚えるアイナメのさばき方

釣った後、美味しくアイナメを保存する方法

 アイナメは鮮度が落ちやすい魚ですので、釣り上げた後はできるだけ早く持ち帰り食べたいところです。サイズが小さいものであれば潮氷につけておいても構いませんが、大型のものとなると絞めて血抜きをしないと磯臭くなり、食味がかなり落ちてしまいますので、注意が必要です。また、大型のものは魚と氷が直接当たらないように新聞紙などを敷いてクーラーで保管しましょう。

スポンサードリンク


その他のアイナメに関する基礎知識

アイナメ      
生態や生息域 ほとんどの個体が30~40cmで、40cmを超えるものはポン級と呼ばれ重宝されます。また、まれに60cmを超えるものもいるそうです。体の色や模様は住む環境により黄~赤褐色~紫褐色と変化し様々。南西諸島と太平洋側の一部を除く日本各地の沿岸に生息し、日本以外では朝鮮半島と黄海沿岸にも分布する。岩礁帯やテトラ、防波堤などの陰に潜み、小魚や甲殻類などを食べる。
釣り方 ブラクリ仕掛けや穴釣りなどでも釣ることができ、ワーミングによるルアーフィッシングも盛んに行われるようになっています。
釣りのシーズン 冬から春にかけての寒い時期がメインとなる
釣りエサ 基本的にはゴカイやイソメなどの虫エサがメインとなる
身の色 脂肪の多い白身魚
主な料理 刺身、煮付け、唐揚げ、潮汁、焼き物、味噌汁、干物、みりん漬け、粕漬けなど
釣りのシーズンと同じあたり。冬から春にかけての寒い時期がメインとなる
その他特徴 産卵期は秋から冬で、オスは岩陰などにメスを誘い込み産卵させる。産卵が終わった後もオスは卵のそばに残り、敵を追い払って卵塊を守る習性がある。
Copyright(c) 動画で覚える釣魚のさばき方 All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme